円形脱毛症には、生活環境の見直しも大切

スポンサードリンク
先ずは節制した生活をするように、普段から心掛けるようにしましょう。きちんと毎日3食バランスの取れた食事をとることや、しっかりと睡眠をとることで疲労を貯めないようにすることが大切です。

髪の毛は夜間(22:00頃から2:00時頃)が最も成長するため、この時間帯を日常的な睡眠時間帯に含めていないと血行が悪くなり、髪の毛の成長を妨げる大きな原因となります。最低でも毎晩12時前には就寝するようにしたいものですね。

またストレスも交感神経を刺激し、末梢神経や毛細血管が収縮してしまう原因になるため、髪の毛の成長を妨げる原因になります。適度な運動や趣味の時間を設けるなどして、ストレスを発散する方法を見つけることも肝要です。

特に、脱毛に関してはそのことを思い悩むことのみでもストレスが貯まりやすくなるため、悩みを一人で抱えないで相談できる仲間を見つけることもよい方法です。たとえ直接的な円形脱毛症の解決にはならなくても、他の人と不安を共有することでストレス軽減につながりますから、円形脱毛症をできるだけ早期に治療するという意味で効果的であるということができます。

円形脱毛症の代表的な治療法

スポンサードリンク
ストレスによって発症した場合のほとんどは6ヶ月程度で自然に治癒します(前にも触れましたが、私自身がその例でした)が、自己免疫疾患などが要因となっての発症であると思われる場合は、適切な治療を行う必要があります。

現在最も有効とされている治療法は局所免疫療法(かぶれ療法)と呼ばれる方法で、SADB、DPCPといった化学物質の溶液を1週間に1回ほど患部に塗布することにより、患部に痒みの少ないかぶれ(皮膚炎)を意図的に発生させ、その刺激によって発毛を促します。

保険適用内であれば、セファランチンという飲み薬を利用します。抗アレルギー作用のほか、血流促進作用、免疫機能増強作用、さらには、造血機能の改善作用といった効果があるため、円形脱毛症に適用されることが多い薬です。

他の治療法としては、炎症を抑える効果の高いステロイド(副腎皮質ホルモン)を用いる治療法もあって、初期の脱毛には非常に有効だとされていますが、長期間続けるといろいろな副作用が起きる場合があり、またPUVA療法(紫外線療法)といった治療法もありますが、最近では紫外線の皮膚への悪影響を心配する声が大きく、行われる頻度は次第に減ってきています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。